過去出演者

■ トレモロ会の過去出演者

♪第123回 表参道ピアノ・サロンコンサート♪

演 奏 者 ピアニスト    長谷 正一
日   時 2005年6月28日(火)
会   場 カワイ表参道コンサートサロンパウゼ   
  東京都渋谷区神宮前5-1


○プロフィール

1968年東京生まれ。NHK「ピアノのおけいこ」に出演。その講師であった故井上直幸氏に師事。1986年桐朋学園大学音楽学部ピアノ科入学。竹内啓子氏に師事。1991年同大学卒業。ドイツリューベック音楽大学及びローストック音楽大学に留学。ピアノを ジェームス・トッコ、ベルンド・ツアック室内楽をザハールブロン、ダヴィッド・ゲリンガスに師事。
  また、世界的ピアニストのブルーノ・レオナルド・ゲルバーの国際的に数少ない弟子として師事。その間シュレスビッヒ音楽祭、ルツェルン音楽祭シュベーリン音楽祭ほかドイツ、スイス、オーストリア、ポーランドにてコンサート。 病院、教会などのチャリティーにも
積極的に出演する。
  日本においては、1997年東京文化会館小ホールにてデビューリサイタル。その後
紀尾井ホールを中心にソロ、室内楽と幅広く演奏活動を行う。2003年紀尾井ホールにてチェコフィル六重奏団と共演。”燃え立つ表現”(ショパン誌)”見事に融和した熱演”(ムジカノーヴァ誌)と各紙から好評を得る。同年初のCDをライブノートよりリリース。レコード芸術誌より「周到かつ誠実な音楽性の持ち主」と準推薦を得る。2004年倉敷市文化財団主催、芸分館ホールでリサイタル。又、東京オペラシティコンサートホールでロイヤルメトロポリタン管弦楽団と競演し毎日新聞社より絶賛を得る。
  現在、全日本学生音楽コンクール審査員、洗足学園大学音楽学部ピアノ科非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

 

○プログラム

J.S..バッハ シャコンヌ(ブラームス)編曲 〜左手のために〜
ベートーヴェン ソナタ17番OP.31−2「テンペスト」 ニ短調
ムソルグスキー 展覧会の絵