過去出演者

■ トレモロ会の過去出演者

♪第142回 表参道ピアノ・サロンコンサート♪

演 奏 者 ピアニスト    村上千佳
日   時 2009年12月9日(水)
会   場 カワイ表参道コンサートサロンパウゼ   
  東京都渋谷区神宮前5-1


○プロフィール

パリ国立高等音楽院ピアノ科を審査員全員一致の一等賞で卒業。ブーローニュ・ビヤンクール国立音楽院室内楽科、 伴奏科を経てパリ国立高等音楽院ピアノ科第三課程研究科を修了。第5回マルサラ国際ピアノコンクール(イタリア)入選。
第37回マリア・カナルス国際コンクール(スペインン)名誉ディプロマ賞を受賞。アヴィニョン・プロヴァンス・オーケストラ、ニューチェンバー・ オーケストラ、カンマーオーケストラ「響」と共演。ポルトガル・シントラ音楽祭、ドイツ・シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、バスク国際ピアノ・フェ スティバルに出演。
1990年から東京、名古屋の主要ホールで定期的にリサイタルを開催。柔らかく繊細で気品に満ち、伸びやかな表現、説得力ある語り口と集中力、と好評を得 ている。伴奏、室内楽奏者としても定評があり、NHK=FMにも出演。ピアノ誌にも執筆など活動の範囲は多岐にわたる。現在、国立音楽大学で後進の指導に もあたっている。
これまでに山口普子、藤村佳美、矢部民、安川加寿子、ジャック・ルヴィエ、ヴァディム・サハロフ、レフ・ナウーモフ、ジェルメヌ・ドゥヴェーズの各氏に師事。また近年はセシル・ウーセ女史にも薫陶を受け更に演奏表現の幅を広げている。

 

○プログラム

モーツァルト ピアノソナタ第8番イ短調 K.310
フォーレ 即興曲第2番へ短調OP.31
  第3番変イ長調OP.34
プーランク プレスト変ロ長調  メランコリー
  イタリア奇想曲 〈組曲ナポリより〉
ショパン  アンダン・テスピオナートと華麗なる大ポ ロネーズ 変ホ長調OP.22
  ノクターン嬰ヘ長調 OP.15−2
  マズルカ イ短調OP.17−4  嬰ハ短調OP.63−3
  幻想ポロネーズ変イ長調 OP.61