過去出演者

■ トレモロ会の過去出演者

♪第161回 表参道ピアノ・サロンコンサート♪

演 奏 者 ピアニスト  佐野 麻衣子

 

 

日   時 2015年12月14日(月) 
PM6:30開場 PM7:00開演  
 
会   場 カワイ表参道コンサートサロン
パウゼ
  東京都渋谷区神宮前5-1
   
   
 

 

○プロフィール

幼少からピアノを有賀和子氏に師事。桐朋学園大学付属子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。いずれも、成績優秀者による卒業演奏会に出演。また、大学推薦により(社)日本ピアノ調律師協会主催新人演奏会に出演。同大学研究科を修了し、その後渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院にて、ピアノをエリック・ベルショ、ピアノ・デュオをシャンタル・デュ・ビュッシー両氏に師事し、ピアノ科最高課程演奏家ディプロム、室内学科コンサーティストディプロムを審査員満場一致で取得。
三善晃ピアノコンクール第2位、スロヴァキア・フンメル国際ピアノコンクールファイナリスト。本選でR,ストゥール指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団とショパンピアノ協奏曲第1番を共演。フランス・シャトーピアノコンクールでは審査員満場一致での第1位を受賞するなど、国内外数々のコンクールで優勝、入賞を重ねる。
プラハやパリでのソロリサイタル、デュオリサイタル開催の他、帰国後、東京文化会館にて文化庁・日本演奏連盟主催のリサイタルを開催し、音楽雑誌の演奏家批評では、「馥郁とした香りを漂わせつつ、凛とした気品を感じさせる演奏で、音色を幾重にも織り重ねて音の濃淡を繊細に表していた。劇的な音楽のなかにもロマンティックな表現を際立たせた見事な演奏であった」と高い評価を得る。来年4月には、日本ショパン協会選考による、パウゼシリーズ公演への出演者に選出され、リサイタルの開催が決まっている。
現在、ソロ、室内楽、伴奏等での演奏活動の傍ら、後進の指導にもあたっている。
(社)日本演奏家連盟会員

 

○プログラム

 

クロード・ドビュッシー 前奏曲集第二巻より
  「霧」「要請たちはあでやかな踊り子」
  「風変わりなラヴィーヌ将軍」「水の精」
  「交代する三度」「花火」
ショパン ロンド ハ単調作品1
  アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ作品22
プーランク 15の即興曲より
  第1番ロ短調 第2番変イ長調 第3番ロ短調
  第4番イ長調 第7番ハ長調 第8番イ短調
  第9番ニ長調 第10番ヘ長調「音楽賛美」
  第15番ハ短調「エディット・ピアフをたたえて」
リスト ペトラルカのソネット第104番
  メンフィス・ワルツ第1番「村の居酒屋での踊り」