過去出演者

■ トレモロ会の過去出演者
♪第165回 表参道ピアノ・サロンコンサート♪ 

演 奏 者 ピアニスト  楠原 祥子

 

日   時 2016年12月14日(水) 
PM6:30開場 PM7:00開演  
 
会   場 カワイ表参道コンサートサロンパウゼ
  東京都渋谷区神宮前5-1
地図はこちら
   


○プロフィール

桐朋高校音楽科、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業後ポーランドに留学。ワルシャワショパン音楽大学で研究課程修了。ベラ・シキピアノ国際コンクール第 1 位。 『細胞から奏すような 2 種のマズルカに聴きいった。シマノフスキの素朴さと合理性、ショパン作品 30 のロマンティズム。』〜音楽の友演奏会評。
ポーランド作品のオーソリティとしての高い評価を得ている。
日本ショパン協会例会、ショパンフェスティバル in 表参道、ヤマハ主催銀座ヤマハホール、クアルテット・エクセルシオとの共演など国内各地でリサイタルを開催。堪能な語学力を生かして『ショパンの手紙を読みながら〜朗読と演奏』をシリーズ化して展開中。ヨーロッパでは、ショパンの生家、ワルシャワ、グダニスク、ショパン国際音楽祭には 20 回の招聘。ラジオ・グダニスクでマズルカ録音。 2016 年ポーランドテレビのインタビュー、ポーランドラジオTの 1 時間番組に出演。 2015 年よりタマラ・グラナットとデュオ・グラナットとしてコンサートを開始。ドイツ・バンベルグでモーツァルト協奏曲共演。シドニー他 11 都市でリサイタル。
高柳朗子、有賀和子、林秀光、バルバラ・ヘッセ・ブコフスカ各教授に師事。
桐朋学園大学音楽部非常勤講師。
オクタヴィアレコードよりショパンワルツ全曲 CD をリリース。
公式サイト  https://www.shokokusuhara.com/


 

○プログラム

 

パデレフスキ レジェンド Op.16−1
  メヌエット Op.14−1
  テーマと変奏 Op.16−3
  ワルツ カプリス Op.10−5
ショパン ワルツ集 第1番 変ホ長調 Op.18(華麗なる大円舞曲)
  第2番 変イ長調 Op.34−1(華麗なる円舞曲)
  第3番 イ短調 Op.34−2
  第4番 ヘ長調 Op.34−3(華麗なる円舞曲)
  第5番 変イ長調 Op.42(大円舞曲)
  第6番 変ニ長調 Op.64−1(小犬のワルツ)
  第7番 嬰ハ短調 Op.64−2
  第8番 変イ長調 Op.64−3
  第9番 変イ長調 Op.69−1(別れのワルツ)
  第10番 ロ短調 OP.69−2
  第11番 変ト長調 Op.70−1
  第12番 ヘ短調 Op.70−2
  第13番 変ニ長調 Op.70−3
  第14番 ホ短調 遺作